読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天気予報アプリがやっと100万ダウンロード達成!

個人的に開発したAndroidの天気予報アプリが5年かけてやっと100万DLを達成しました。


アプリこちら。
天気予報 - Google Play の Android アプリ

(まだ表示変わってないけど100万超えましたー)

そんなたいしたものでは無いですが日本でAndroid端末が出た初期の頃に作成したのでじわじわと増えていった感じです。

●作り始めた経緯
iPhoneが出て1年くらい経って同じFlasherの深津さんがiPhoneアプリ出して成功してた頃、Mac環境の無かった自分は置いて行かれた感があり、「今さらiPhoneやってもなー」と思っていた時にドコモから日本初のAndroid端末の登場。
HT-03Aです。

とりあえずSDKをダウンロードし、サンプルとかちょっといじって「いける!」と思ったので速攻でドコモで機種変。
お店の人もよく分かってなかった。というか全然売る気が無いような扱いだったな。。

実機を手に入れてアプリの勉強もしつつ、普通にメインの携帯として使ってたけど天気のアプリが無かったので自分で作ってみたのが始まりです。
結構初期の頃にリリースしたおかげでダウンロード数を稼げたと思います。
早くやるのはメリットがありますね。

自分が欲しいものを作ったので、ユーザーからいろいろコメントいただきますが、基本的には自分が必要とする内容でやってきてます。


●作ってよかったこと
それなりにダウンロード数が増えるといろいろいいことがあります。

Google AdSense for Mobile Applications(ベータ版)への招待
Googleからいきなり連絡がきて、Google AdSense for Mobile Applicationsに招待したいので打ち合わせがしたい、と。
ちょうど渋谷のセルリアンタワーから六本木ヒルズへの引っ越し直前で、引越し準備中のオフィスにお邪魔出来ました。
Google AdSense for Mobile Applicationsはその後AdMobに統合されました。

・AdMobのインプレッション課金型広告
AdMobはクリック数で収入が得られましたが、インプレッション課金型広告を先行して導入することができました。

Google Developer Dayへの参加
Google Developer Dayというのがありましたね。
参加するにはいろいろ問題を解かないといけませんが、俺には難しい。。
でも「優先参加枠」というのがあって、Googleのコミュニティに貢献してる人などが優先的に参加できるようになってました。
そこにアプリも登録できるようになってまして、天気予報アプリを登録したところ見事当選しました。

・広告収入
天気予報って見る人は結構毎日のように見ます。
飽きるものでも無いです。ゴールもありません。
なので偶然だけどいいものを選んだなと思ってます。
やはり雨の日などはぐんと増えます。



●今後の目標
自分の天気予報アプリを使ってる人を見ること。
電車とかで隣の人のスマホが視界に入った時、自分の天気予報を見てたりするという体験をしてみたい。
誰か京王線井の頭線あたりで使っててください。。



HTC HT-03A(ホワイト)

HTC HT-03A(ホワイト)